オートバイ産業が地域の主要産業のひとつでもある浜松市から魅力を発信します!

  • facebook
  • twitter
  • バイクのふるさと浜松
  • イベント情報
  • バイクの歴史
  • バイク関連施設
  • 試乗車情報一覧
  • 人気のツーリングコース
トップページ > バイクの歴史 > スズキの歴史

スズキの歴史

織機から製造オートバイへ

織機機械メーカーとして明治42年(1909)創業の鈴木式織機は、終戦の日から1カ月後の昭和20年(1945)に、本社を相生町から可美村高塚へ移転しました。

のちに第二代社長になる鈴木俊三が、「好きな釣りに行くのに、自転車にエンジンが付いていたら楽だな」という発想のもと研究開発が開始されて、昭和27年(1952)に排気量36㏄の自転車補助エンジンのパワーフリーを完成、販売しました。当時の浜松でのオートバイメーカー濫立期の中、昭和28年(1953)に排気量60ccのダイヤモンドフリーが開発、生産されました。
 ダイヤモンドフリーのエンジン工場
ダイヤモンドフリーのエンジン工場
 

ダイヤモンドフリーは、その年の富士登山レースに優勝、北海道、鹿児島間3000kmの無故障走破で、人気を集めました。昭和29年(1954)にはコレダ号を開発し、オートバイ製造に乗り出し、社名も鈴木自動車工業へ変更しました。

平成2年(1990)にはスズキに社名変更しました。現在、国内での二輪生産は主に愛知県の豊川工場で行っています。

中区相生町の鈴木式織機本社跡地は、現在浜松東警察署となっています。スズキ本社前の南区増楽1301には『スズキ歴史館』があります。
 スズキ ダイヤモンドフリー(1953)
スズキ ダイヤモンドフリー(1953)


スズキ株式会社:http://www.suzuki.co.jp/


スズキ 二輪関連歴史画像

バイクモーター『パワーフリー号』発売
バイクモーター『パワーフリー号』発売
1952年(昭和27年)
自転車の補助エンジンとして発売したバイクモーター「パワーフリー号」。特許ダブル・スプロケット・ホイルの採用や、2段変速を採用した高性能で人気を得る。スズキのエンジンの歴史はここから始まる。

鈴木俊三二代社長

バイクモーター『ダイヤモンドフリー号』発売
1953年(昭和28年)
東京の三菱銀行前で。右端は鈴木俊三スズキ二代目社長。ダイヤモンドフリー号は当時のバイクブームにより月産6,000台に達した。

ダイヤモンドフリー号で日本縦断

ダイヤモンドフリー号で日本縦断
1953年(昭和28年)
バイクモーター「ダイヤモンドフリー号」の公開テストとして、3名が札幌ー鹿児島間3,000kmの日本縦断を実施。3台のフリー号が18日間かけて全車完走し、フリー号の信頼がさらに高まった。

農作業で使われるダイヤモンドフリー号

農作業で使われるダイヤモンドフリー号
1953年(昭和28年)
商店や農家の貴重な足、運搬具としてブームとなったバイクモーターは、農作業の動力として活用されることもあった。

富士登山レースで2年連続優勝

富士登山レースで2年連続優勝
1954年(昭和29年)
1953年、スズキはダイヤモンドフリー号で第一回富士登山レースに出場し、優勝。翌年は、スズキ初の二輪完成車コレダ号で出場、2年連続優勝を遂げる。写真が2年連続で出場した山下林作選手。

マン島T・Tレースで日本人初優勝

マン島T・Tレースで日本人初優勝
1963年(昭和38年)
英国マン島T・Tレース(50ccクラス)において伊藤光夫選手が日本人として初の優勝を成し遂げた。この年スズキは、50cc、125ccの両クラスで世界GPレース選手権を獲得した。

本社工場で生産されるセルペット

本社工場で生産されるセルペット
1960年(昭和35年)
セルペットは1960年1月に発表。世界初の4速ロータリーチェンジにセルモーターを装備した高性能50ccバイク。

チョンマゲでGO セルペット

チョンマゲでGO
1963年(昭和38年)
浜松まつりのパレードに参加(オートバイはセルペット)。

レジャーバイク『バンバン』 南極越冬隊

レジャーバイク『バンバン』発売
1971年(昭和46年)
南極越冬隊が使用したバンバン。

1970年代のデザイン スズキ

1970年代のデザイン
1970年(昭和45年)

二輪車生産ライン スズキ

二輪車生産ライン
1979年(昭和54年)

ページの先頭へ